愛情の道づれである嫉妬は、
うれしくないことを何でもやみくもに信じこみます。
事実に基づいてではなく、
その影や夢を見ただけで
もう動転してしまうのです。

フランチェスコ・ペトラルカ
『ピサのラエリウスにあてた手紙』