もし、なぜ彼を愛するかと あえて問われれば、こう言うほかない。 彼が彼であり、私が私である…