涙にもそれなりの快感がある。 オウィディウス 『悲歌』