愛すまいとするが、
意のままにならなかったように、
永遠に愛そうとしても
意のままにはならない。

ラ・ブリュイエール
『カラクテール―当世風俗誌』