愛を抱いたがゆえに、
悲しみを催す。

アルベール・カミュ
『手帖』