私は恋をしだしてから、
変に死のことが気になりだしました。
恋と運命と死と、
皆どこかに通じた永遠な気持ちがあるような気がする。

倉田百三
『出家とその弟子』