あの人が私を愛してから、
自分が自分にとってどれほど
価値のあるものになったことだろう。

ゲーテ
『若きウェルテルの悩み』