およそ恋した者の中で、
一目ぼれでなかった者があろうか。

クリストファー・マーロー
『ヒアローとリアンダー』