もし、きみが100歳まで
生きるとしたら、ぼくは100歳
マイナス1日まで生きたいな。
そうすれば、
きみなしで生きなくてすむもの。

A・A・ミルン
『クマのプーさん全集 ― おはなしと詩』