結婚の契約をしてからでなければ
恋をしないというのは、
小説を終わりから
読み始めるようなものである。

ラ・ブリュイエール