月の光も雨の音も、恋してこそ
始めて新しい色と響を生ずる。

永井荷風
『荷風全集(第6巻)歓楽・すみだ川』