いっこうに飽きのこない
唯一のごちそう
――それがキスだ。

クリスティアン・ディートリヒ・グラッベ