愛は、その愛するものを
独占しようと願っている。
……しかしながら、
愛はそれに成功してしまった後では、
競争もなく、嫉妬もなく、
退屈で褪め易いものにかわってくる。

萩原朔太郎
『虚妄の正義』