愛と憎しみは双生児である。
愛すればこそ憎むし、
憎むほどの想いがあって初めて愛するのだ。

野上弥生子
『夫と妻』