情熱的な愛というのを
私はほとんど知らない。
ときどき「これだな」と思ったことはあるけれど、
棄てられたための苦悩に
すぎなかったんじゃなかろうか。

マルチェロ・マストロヤンニ