だれしも、離別は悲しいものに決まっている。
それは相手が何者であろうとも、
離別ということ自身のうちに、
悲しみがあるのである。

谷崎潤一郎
『蓼食う虫』