幸福と不幸がこんなにもはっきり
分かれているなんて。
そしてそれがこんなにも
隣同士に存在しているなんて。

白石一文
『砂の上のあなた』