夜、

何千もの人の喝采より、

愛する人、

ただひとりの、

ささやきが欲しいわ。