私は人からヘンな人だと思われているでしょう。

確かに、私は人がうらやむような人生を送ることはできません。

確かに、ユーモアのセンスはありません。

確かに、人生を愛することはできません。

しかし、世界が私にとってよくないものかというと、

それは違います。

私は知っています。

それはもう一人の自分を作っておくべきだということです。