この悲しい世界の中で、

愛する人が自分の名前を呼ぶ瞬間ほど、

美しいものは存在しない。