一度も笑われることのない真実は、

真実ではないと思った方がいい。