重々しい音楽は必ずしもポジティブではありません。

しかし、瞑想的なそれや、悲しいそれ、魅力的なそれがあります。

重々しい音楽にも、表現できないものはないのです。