不幸な結婚の半数は、
当事者の一方が憐憫の
気持ちからする気になった結婚です。

アンリ・ド・モンテルラン
『女性への憐欄』